2G / GSM / GPRS / MMS / SMS
HC-300Mデジタル赤外線トレイルカメラ
ユーザーズマニュアル



目次
1.0命令1
1.1一般的な説明1
1.2カメラボディインターフェース1
1.3カメラのコンポーネントと機能1
1.4リモートコントロール1
1.5撮影情報表示2
1.6SIMカードと信号の簡単な紹介2
1.7サポートされるフォーマット2
2.0簡単操作2
2.1電源2
2.2TFカードとSIMカードの挿入3
2.3テストモードに入る3
2.3.1ユーザー設定3
2.3.2マニュアルキャプチャ3
2.3.3画像または動画の表示3
2.4電源を入れてONモードにする4
2.5電源オフ4
3.0高度な操作4
3.1設定メニュー4
3.1.1写真の設定4
3.1.2ビデオ設定4
3.1.3システム設定5
3.1.4MMSメニューの設定5
3.1.5SMTPメニューの設定5
3.2MMS/SMTPの設定6
3.2.1準備6
3.2.2MMS設定6
3.2.3SMTP設定7
3.4SMSコマンドコード8
4.0注意事項8
付録I技術仕様9
付録II部品リスト9



1.指示

1.1一般的な説明
このMMS機能付きデジタルトレイルカメラは、昼夜を問わず自動的に動作します。
モーションセンサーで監視されている特定の地域の人間(または動物)の動きによってトリガーされ、自動的に画像をキャプチャ(最大12Mピクセル)したり、1080pまたはHDビデオクリップ(WVGAまたはQVGA)を記録します。
昼間は、光が十分でなくなるまでカラーの写真やビデオを撮り始めると、モノクロの写真ビデオを撮り始める。それは2G / GSM / MMS / SMTP / SMSをサポートしています。防水IP54です。

1.2カメラボディインターフェース
USBコネクタ、TFカードスロット、SIMカードスロット、TV出力、外部DC電源コネクタを備えています。

1.3カメラのコンポーネントと機能

1)ボトムカバー
2)TFカードスロット
3)USBコネクタ
4)TV出力コネクタ
5)PIR
6)赤外線フラッシュ
7)レンズ
8)GSMアンテナ
9)2インチカラーLCDディスプレイ
10)サウンドレコーダー
11)SIMカードスロット
12)ロック
13)パワースイッチ
14)バッテリーデポ
15)ポータブルリモコン

1.4リモートコントロール
リモコンは、主にメニュー設定とパスワード入力に使用されます。 これはワイヤレスリモコンです。 最大リモート距離は9メートルです。

(1)


LEFTまたはRIGHTを押してメニューテーブルを選択し、UPまたはDOWNを押してサブメニューを選択し、OKを押して終了します。レーザポインタの句読点「*」を押します。


1.5撮影情報表示
電源スイッチをTESTポジションにすると、撮影情報がモニタに表示されます。

1.6 SIMカードと信号の簡単な紹介
2つのSIMカードアイコンがあります。
それは、SIMカードが挿入され、うまく動作することを意味します。
あなたの地元のネットワーク信号が非常に良いことを意味します。

1.7サポートされるフォーマット
アイテム フォーマット
写真 JPG
ビデオ AVI

2簡単操作

2.1電源
カメラに電源を供給するには、4本または8本の単三電池が必要です。
1.5V出力の次のバッテリを使用できます。
1.高密度高性能アルカリ電池(推奨)
2.充電式アルカリ電池
3.充電式ニッケル水素電池
テストモードでは、3分以内に操作を行わないとカメラを自動的にシャットダウンして節電します。
それはどんな動きの検出によっても目を覚ますことができます。
低電力状態では、カメラも自動的にシャットダウンします。 時間内に電池を交換してください。

(2)


2.2 TFカードとSIMカードを挿入する
TFカードとSIMをカードスロットに挿入します。
MMS / Eメール機能を使用する場合は、必ずSIMカードをSIMカードスロットに正しく挿入してください。

2.3テストモードに入る
テストモードに入るには、電源スイッチをテスト位置に回します。
テストモードには、ユーザー設定、手動キャプチャ、プレビューなどの機能があります。

2.3.1ユーザー設定
MENUボタンを押します。
カメラの設定(モード、インターバル、ピクチャレゾリューション、ビデオレゾリューションレングスなど)詳細な操作については、次の章で説明します。

2.3.2手動キャプチャ
[OK]を押すと、写真を手動でキャプチャしたり、ビデオを録画したりできます。

2.3.3画像または動画の表示
キャプチャした画像やビデオを表示する方法は2つあります。
1.カメラのLCD画面
2. TVケーブルでカメラに接続するTVモニター

右矢印を押してキャプチャしたファイルを表示すると、最新の画像がLCD画面またはTVモニタに表示されます。
UPを押して最後を表示し、DOWNを押して次を表示します。
画像や動画の削除などの詳細な操作については、「高度な操作」の章で説明します。

(3)


2.4電源を入れてONモードにする
電源を入れる前に、以下の項目に注意してください。
1.光源に直接対面しないでください。 これらは誤ったトリガを引き起こす可能性があります
2.設置する地面からの高さは1?2メートルにする必要があります。 例えば、鹿の高さは適切な大きさが適切です。

カメラの電源を入れた後、赤いランプが約10秒間点滅します。
10秒は、自動キャプチャ前のバッファリング時間である。
ボトムカバーを閉じてロックし、カメラを木に固定して歩いています。

2.5電源オフ
カメラの電源を切るには、電源スイッチをOFFの位置にスライドさせます。
カメラを長期間使用しない場合は、電池を取り外してください。

3.高度な操作
この章では、ユーザー設定はTESTモードでのみ実行でき、リモコンが必要であることを説明しています。

3.1設定メニュー
カメラがテストモードのときにMENUを押します。設定メニューがLCDまたは外付けテレビモニターに表示されます。

3.1.1写真の設定

3.1.2ビデオ設定

(4)


3.1.3システム設定

3.1.4 MMSメニューの設定

3.1.5 SMTPメニューの設定

このカメラは、MMS方式でユーザーの携帯電話に瞬時に写真を送ることができます。
したがって、この関数を使用する前に、ユーザーはMMSCONFIGのmms設定を完了する必要があります。

(5)


3.2 MMS / SMTPの設定

3.2.1準備
1. 2G / GSMモバイルオペレータサービス
2.フォーマット2GB + TFまたはSDカード
3.コンピュータ(Vista、Windows 7、Windows 8システム)
4. PINロックのないSIMカード1枚
5. SIMカードは、2G / GSM / GPRS / MMSネットワーク経由で画像を送信できる必要があります
6. 6V電源(4個または8個のAAバッテリまたは6V入力電源装置)
7. CDのMMSCONFIGプログラム
8.ユーザーはプロバイダーの2G MMSデータ(APN +アカウント+パスワード、MMSC + IP + PORT)に問い合わせるか、プロバイダーのホームページでこの情報を検索する必要があります。
9.プロバイダからのSMTP設定の2G GPRSデータ(APN +アカウント+パスワード)
10.送信者電子メールサーバー情報(サーバー+ポート+電子メール+パスワード)

3.2.2 MMS設定:
1.カードとSIMをカメラに挿入し、電池をカムに入れ、アンテナをねじ込み、カメラをテストモードにして、信号バーとカメラの画面に「SIM」があることを確認します。付属のUSBケーブルでカメラとパソコンを接続します。CDをコンピュータに挿入し、MMSCONFIG.exeをダブルクリックします。
2.またはテーブルを選択し、を選択します。
3.を挿入します。
4.のいずれかのファイルを選択します。
5. に移動し、を選択します。
6. ボタンをクリックし、TFカードに "Parameter.dat"として保存します。
7.カメラからUSBケーブルを差し込みます
8.カメラのメニューに移動し、サブセットが上記の設定と同じであることを確認します。
9.カメラをオンモードにする

(6)


3.2.3 SMTP設定
1.カードとSIMをカメラに挿入し、電池をカムに入れ、アンテナをねじ込み、カメラをテストモードにし、信号バーとカメラの画面に「SIM」が入っていることを確認します。 次に、付属のUSBケーブルをCD-ROMにセットしてカメラをパソコンに接続し、MMSCONFIG.exeをダブルクリックします。
2. またはを選択し、テーブルに移動し、を選択します。
3. をすべて挿入します。
4.で送信者の電子メール情報を入力します。
5.テーブルに移動し、を選択します。
6. ボタンをクリックし、Parameter.datとしてTFカードに保存します。
7.カメラからUSBケーブルを差し込みます
8.カムメニューのに移動して、上記の設定とサブセットが同じであることを確認します。
9.カメラをオンモードにする

(7)


3.3 SMSコマンドコード
smsコマンドを使用する前にmms / smtpを 'on'モードに設定する必要があります
* 500 *写真を撮る(mmsとsmtpモードの両方で動作可能)* 500 *コマンドを受信したときにカメラでキャプチャを送信します。
* 505 * 写真を撮って、カメラでsms simを送信する携帯電話に送信すると、キャプチャを開始します... * 505 *コマンド、MMSまたはSMTPモードに関係なく、mms Mobileまたはsmtpメールに画像を送信します。 しかしsimはmmsモードでのみカメラがsmsを送信するモバイルにmmsを送信します。
* 520 *画像の量とバッテリーの状態を確認する(mmsとsmtpモードの両方で動作することができます)シムが送信します合計Jpg:フリースペース:バッテリーレベル:* 520 *コマンドを受信したとき
* 530 * カメラをオンにする(mmsとsmtpモードの両方で動作することができます)シムが送信します。
* 531 * カメラをスリープモードにする(mmsとsmtpモードの両方で動作可能)* 531 *コマンドを受信すると、SimはStop OKを送信します。

4.注意事項
カメラの使用電圧は6.0Vです。
TFカードのロックを解除してフォーマットしてください。
電源スイッチがOFFの位置にあるときは、TFカードを挿入してください。
電源スイッチがONの位置にあるときは、TFカードを抜き差ししないでください。
ファームウェアをアップグレードする際にフルパワーを確保してください。そうしないと、アップグレードプロセスが停止する可能性があります。
通信ネットワークが変わる可能性があるため、100%MMSを保証することはできず、GPRSは正常に動作します。

(8)


付録I:技術仕様
イメージセンサーの種類(True Megapixels):5メガピクセルカラーCMOS
メモリ:TFカード8MB?32GB
レンズF = 3.1; FOV = 60°
サイズ145mm * 80mm * 55mm
IRフィルター:全自動IRフィルター
TFTディスプレイスクリーン:2.0インチ
PIRセンサーの視野角60度
PIR検出距離65ft / 20m
IR LED 36個のLEDの数黒または白
最大ナイトビジョン照明距離65ft / 20m
トリガースピード1.0秒
トリガ間隔:1秒?30分(デフォルトは1秒)
選択可能な画像解像度:12MP / 8MP / 5MP
複数フレーム1/3/6/9
ビデオ解像度1080P / 720P / VGA
ファイル形式JPEG / AVI
日付時刻インプリント可
ムーンフェイズインプリントYes
露出:自動
MMS / EMAIL /サポートのサポート
SMSコントロールのサポート
パスワードセキュリティ自分で設定した4桁の数字
定期ショット1秒?24時間
スタンバイ電流0.2mA
スタンバイ時間3ヶ月(8 AAバッテリー)
インターフェースTV出力(NTSC / PAL); USB; TFカード
保有者; 6V DC外部
固定方法ベルト、三脚釘
動作温度-30?+ 70℃/ -22?+ 158°F
電源装置8×AAまたは4×単三電池
カメラソケットはい
防水IP54
セキュリティ認証FCC、CE、RoHS

付録U:部品リスト
部品名数量
デジタルカメラ1
ワイヤレスコントローラ1
アンテナ1
USBケーブル1
テレビケーブル1
ユーザーズマニュアル1

(9)